お酒を飲んだら勃たないってホント?アルコールと勃起の関係

久々の彼女とのデート。
お洒落なバーで楽しいひと時を過ごした後は、

さぁエッチ!
あれ・・・・?勃たない?

こんな漫画みたいな展開、実際にあるの?と思うところですが、意外とよく聞く話。

SEXの前は緊張するからついついアルコールに頼ってしまう人や、お酒が大好きでついつい飲みすぎてしまう人は、お酒を飲む量を見直す必要があるかもしれません。

これって本当?お酒を飲んだら勃起不全

お酒を飲んだら勃起しにくくなるという話は本当なのでしょうか?

本当です。
実際にED治療中の人は、薬の関係もありますが、治療の初期段階で医師からお酒を控えることを勧められます。
それには、アルコールがペニスへ与える影響が深く関係しているからです。

お酒と勃起 3つの深い関係

適度な飲酒は、リラックス効果をもたらし、緊張を和らげますが、過度の飲酒は、多角的にペニスに影響し、勃起不全へと導きます。

1つ:脳からの影響

そもそも勃起は、外部の刺激に対して脳が反応して起こる生理現象。アルコールは、その脳を麻痺させる効果があります。

適度に麻痺した脳は、羞恥心や緊張といった感情を抑制しリラックス効果をもたらしますが、過度に飲酒をした場合、今度は性欲といった欲求までも抑制。結果として性欲が減退します。

また麻痺した脳は、ペニスへ適切な指示を送ることもできません。神経の伝達がうまくいかないペニスは、半勃ちや中折れ、あるいはなかなか射精できない事態に。

しかし、この影響は一時的なものです。
アルコールが分解され、脳が正常に働くようになれば、勃起も普通に行えるようになるでしょう。
問題は、2つ目、3つ目のようなアルコールによる慢性的な勃起不全です。

2つ:アルコール分解酵素による勃起不全

人はアルコールを体内に取り込むと、それを肝臓にあるアルコール分解酵素で分解していきます。
その際に、体内にある葉酸、亜鉛といった成分の他にビタミンB1・B2・B6・B12・C、を消費していくのですが、これらの成分は、精力を増強をさせるのに必要なものです。

アルコールを分解するのに大量に消費され、さらに供給量が少なければ、いざSEXとなった時には在庫不足に。充分な勃起力と持続力を維持することができなくなります。

また、葉酸、亜鉛といった栄養素は、良質な精液を作るのにも必要なもの。大量のアルコールを分解するために使用し、そのまま供給することを怠れば男性不妊の原因にもなるでしょう。

3つ:精巣を萎縮 男性ホルモンの減少

アルコールは体内に取りこまれた後、いくつかの工程を得て水と二酸化炭素に分解され、体外に排出されていきます。
その代謝過程で、人の体内に出現するのがアセトアルデヒド。アセトアルデヒドは強い毒性があり、精巣を萎縮させる効果を持っています。
精巣は、精力や精子の作成に必要な男性ホルモン、テストステロンを生産しているので、精巣が萎縮すれば当然精力も減退。そして最終的には勃起不全となります。

脳の麻痺による性欲の減退とは異なり、アルコールの分解酵素、そしてアセトアルデヒドによる勃起不全は、その分解や代謝といった過程による結果なので、アルコールが体内から排出されれば元に戻るような類のものではありません。

勃起不全に陥るアルコールの量は?

では、どの程度の飲酒量で勃起不全に陥るのでしょうか?
これは個人差が大きいため、正確な量というものはありません。

しかし目安として言えることは、例えば「二日酔い」。
二日酔いは、分解仕切れなかったアセトアルデヒドが体内に残ることで起こると考えられています。
アセトアルデヒドの代謝能力は、アルコールの分解能力に比例しているので、飲んで二日酔いが起こる量の半分以下を目安にすれば、アルコールも分解でき、かつ精液や精子に必要な栄養を残せる。と考えられます。

でも、アルコールはデメリットだけじゃないんですよ?

これまで、過度の飲酒がSEXへ良い影響を与えないことを書いて来ました。
しかしアルコール事態には良い側面もあります。

例えば、早漏の人
「お酒と勃起 3つの深い関係」の一つ目で、お酒は脳を麻痺させる効果があることを書きました。
神経伝達がうまくいかず、なかなか射精できない現象を逆手にとれば、早漏の人の悩みは解決です。

また、極度に緊張してしまう人
お酒は高いリラックス効果を持っています。
会議などの大切な場面でお酒に頼ることは社会的に問題がありますが、過度のストレスにさらされた後に、ご褒美的な意味で飲酒をすることは、精神衛生的にも良いと言えるでしょう。

飲酒量事態もそうですが、飲酒の頻度を下げ、所謂「休肝日」を設けることは、肝臓を休めるだけではなく、慢性的な勃起不全を回避する意味でも必要なことです。

何に関しても共通して言えることですが、何事も「程々に」が大切なのではないでしょうか?